洛中・佐々木酒造【京生粋】 [日本酒]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

京生粋しぼりたて「純米吟醸無濾過生原酒」2019入荷!
京にこだわったお酒「京生粋」の新酒しぼりたて無濾過生原酒入荷です。フレッシュな旨味、香りを楽しんで頂ける数量限定酒です。

720ml/1500円(税別)

 きょうとウェルカムより全国発送

画像(240x240)・拡大画像(450x450)

佐々木酒造
(京都市上京区日暮通椹木町下ル北伊勢屋町727)

俳優、佐々木蔵之介の実家で、京都洛中の造り酒屋
〜京にこだわった京都洛中の地酒〜

【京生粋】(純米吟醸)
京都の米と京都の酵母、そして京都の水で仕込まれた100%京の酒。京都の日本酒の良さを全国に広めたいという強い願いと究極のこだわりが産んだ純米吟醸酒「京生粋」の誕生です。
京料理などに合うすっりとした上品な味わいのお酒です。

幻の京の酒米
「祝」は高精白に適した酒米で、京の水に適したきめ細やかでやわらかな膨らみのある味わいを醸し出します。京都の醸造家達の技術の研鑽の結果、その味わいは高く評価され、京都府下だけに限定栽培されている京都特産の酒米であることから「祝」で造った京の酒こそ京の味わいと言われるほどになりました。

吟醸酵母「京の琴」
「京都らしい個性のある日本酒を造りたい」高精白しなくても香りの出る酵母、また京都の酒米「祝」の繊細でやわらかな味わいの良さを最大限に引き出すことのできる酵母を。そんな京都の醸造家達の予てからの願いにより、独立行政法人産業技術総合研究所と京都市工業試験場の連携で開発されたのが、吟醸酵母「京の琴」。この酵母で仕込んだ日本酒は熟成を経ても、味わいの乏しさは感じられず、今後の活躍が大いに期待されています。

聚楽第跡の名水「銀名水」
仕込蔵は、豊臣秀吉の邸宅「聚楽第」のあった地で「出水」という地名の通り良質の地下水に恵まれ、古くから酒造りが盛んでした。京都盆地特有の底冷えという気象条件と千利休が茶の湯にも使用したといわれる「銀名水」と同じ水脈の地下水を仕込み水に醸される酒は、米そのものの旨みを生かした旨口タイプ。洛中唯一の蔵元となった今も、少量ながらこだわりのある酒造りを続けています。

純こうぞ「京和紙」
和紙産地黒谷(京都府綾部市)にて紙漉きの修行を行なった紙漉き職人 真下八十雄氏の指導のもと、楮(こうぞ)を100%原料にして漉いた純楮紙。他の産地の紙では機械化されている「楮の繊維を叩いてほぐす作業」を全て手作業で行なっているのが特徴です。ちなみに日本酒同様、和紙づくりにも水は非常に重要な存在ですが、この工房は、京都伏見の水で紙を漉く唯一の紙漉き工房でもあります。

1800ml 、720ml


 きょうとウェルカムより全国発送

画像(240x236)・拡大画像(640x631)

秋の限定酒
京生粋ひやおろし


 きょうとウェルカムより全国発送

画像(58x224)

12月4日【聚楽第】吟醸あらばしり入荷!
新酒の「もろみ」がしぼられて最初に出てくる酒があらばしり。ほどよい酸味と新酒独特の新鮮な香り、ほのかな吟醸香が特徴です。

720ml/1,500円

Posted by 川瀬正三 at 10時27分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

検索


最近のコメント

リンク集

RSS1.0
powered by a-blog [Login]