≪13年連続金賞の快挙!≫ 英勲【金賞受賞酒】720ml [日本酒]

画像(180x240)・拡大画像(225x300)

夏のギフトに絶対のおすすめ酒です!

英勲(齊藤酒造)伏見区横大路三栖山城屋敷町7

【13年連続金賞の快挙!】
英勲 金賞受賞酒(純米大吟醸)720ml【限定販売】

「独立行政法人 酒類総合研究所」で開催された、「平成21酒造年度全国新酒鑑評会」において、英勲(齋藤酒造)のお酒が金受賞いたしました。

京都産米「祝」を究極の35%まで磨き上げ、製造部取締役(藤本修志)監修の元、蔵元最高の技術、職人の情熱が造り上げた最上級酒です。
このお酒は13年連続の、そして京都産酒米の「祝」として3年連続の金賞受賞をした特別なお酒です。やや淡麗、やや辛口としてはおりますが、甘みと旨みそして口に含んだ時のフルーティーで豊かな吟醸香を高次元でバランスされた、余韻の長いお酒です。

原材料 米・米麹 京都産・祝100% アルコール度数 15〜16度
日本酒度+3.5 酸度1.2

本体価格5000円(税込価格5250円)

全国新酒艦評会13年連続金賞受賞蔵
英勲(齋藤酒造)の藤本修志さん(製造部取締役)が、全国新酒艦評会で、前人未踏の13年連続金賞を受賞されました!!

斎藤酒造が誕生したのは、明治二十八年のことです。
斎藤家の先祖は元禄の頃に泉州より当地に移り、井筒屋伊兵衛として呉服商営み、酒造業に転じるまで八代にわたって老舗を受け継ぎ守りました。当時の商標は柳正宗、大鷹、でしたが大正天皇の御大典を記念して「英勲」となりました。

≪藤本修志≫東京農業大学で発酵学・醸造学を専攻し、昭和47年(1972)に伏見のとある蔵元へ就職。季節職人たちの中で揉まれながら技術者として研究・実践を重ね、41歳の平成3年(1991)より齊藤酒造株式会社の酒造りを担うこととなりました。
その後、平成4年(1992年)には全国新酒艦評会で金賞を受賞し、今年、平成22年(2010年)までの19年間に15回もの金賞に輝き、その内、今年を含む13年連続金賞受賞(現在受賞蔵の中で最長)という快挙を成し遂げております。
【きょうとウェルカムより全国発送】

Posted by 川瀬正三 at 14時41分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

検索


最近のコメント

RSS1.0
powered by a-blog [Login]