第四回【玉川会】 [店主の一日]

画像(240x159)・拡大画像(640x425)

京都市内で行われた第四回「玉川会」に出席してまいりました。
前回までは、地元「丹後」で行われていましたが、今回、市内で初めて行われこととなり、私も今回初めての「玉川会」出席しました。
「玉川」の色々なお酒も試飲させていただきました。
改めて「玉川」のお酒は、冷や、又は燗酒が美味しいなぁと感じました。「玉川」の冷や、燗酒の魅力にはまりました。

また、同じお酒でもビンテージもご用意いただき、月日の経ったお酒と飲み比べもあり、日本酒のビンテージの面白さ、美味しさも楽しませてもらいました。

私は初めて聞いたのですが、ハーパー杜氏の話のなかで「昭和末期の日本酒の常識」を聞かせて頂きました。

@「いい酒は冷やして、悪い酒は燗で飲む」
A日本酒は若いほど美味しい
Bいい酒には低温貯蔵が絶対必要
C日本酒はデリケート
D米を磨けば磨くほど、いい酒が造れる
E小さい蔵ほど、いい酒が造れる
F今は日本酒の一番美味しい時代

以上の話は、ハーパーが蔵に入ってから全て違ったと感じた話をしてくれました。私は、改めて日本酒を見つめ直さねばと感じた次第です。

社長は、一時期、酒造りを断念せざるを得ない状況の中、ハーパー杜氏との出会いでここまで来たお話をお聞きかせ下さり、苦節ある中での今の木下酒造は、とても素敵な会社であるように私は感じました。

最後は懇親会で美味しいお料理とお酒を頂き、「玉川会」大変有意義で楽しい一時で御座いました。皆様ありがと御座います。また来年も楽しみにしています。

画像(240x159)・拡大画像(640x425)

Posted by 川瀬正三 at 20時11分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

検索


最近のコメント

リンク集

RSS1.0
powered by a-blog [Login]