京の梅酒 [その他]

画像(180x150)・拡大画像(624x521)

地元京都の酒造会社がつくるこだわりの梅酒のご紹介です。
良質の梅の産地和歌山県がよく知られていますが、京都府にも良質の梅産地(城陽市青谷梅林)があります。
京の蔵元では日本酒だけでなはく、日本酒で米を扱う事から米焼酎を自前で製造している蔵元もあります。地元京都の各蔵元がつくる梅酒を是非一度お試し下さい。


★城陽酒造(京都府城陽市)
*花小枝
 城陽市青谷梅林の梅(城州白)を使用し、人口甘味料、着色料、防腐剤などの添加物は一切、使用しておりません。
*梅小枝
 城陽市青谷梅林の梅(城州白)を使用し、人口甘味料、着色料、防腐剤などの添加物は一切、使用しておりません。3年以上長期熟成させて丁寧に醸造したその味わいをお楽しみください。軽い口当たりが特徴です。

★玉乃光(京都市伏見区)
*玉乃光梅酒

 最高級の紀州南高梅を100%使用。果肉の厚み、質ともに梅酒に最適の品種です。
 氷砂糖は一切使わず、独自製法の米エキスを使用。甘さの中にうまさと深みがあります。
 ベースは米100%の本格純米焼酎。ホワイトリカー(主に糖蜜アルコール)とはひと味違います。

★富翁 北川本家(京都市伏見区)
*はんなり京梅酒

 自社で蒸留し、2年間貯蔵した本格米焼酎「はんなり」に、和歌山県産「南高梅」を主体に城陽・青谷産「白加賀」「鶯宿」を加え、じっくり漬け込みました。甘さを控えた食中酒タイプです。

☆ギフト品もご用意しております。夏のギフトにいかがですか。

【当店のネットショプ きょうとウェルカムより全国発送できます】


Posted by 川瀬正三 at 17時46分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

検索


最近のコメント

RSS1.0
powered by a-blog [Login]